ブログ [きょうこダイニング]

2018-04-18
アメリカンビーフで大実験!

スーパーで大特価の100g150円程のアメリカンビーフを発見!すかさず大人買いをしてみた。

何度かオージービーフステーキも買ったことはあるけれど、以前はステーキにしてみたけど

硬くてなんとなく匂いも気になり、子供たちにも不評だった・・・。

しかし、ファミレスなどいったら輸入肉なのにおいしく食べらえれる・・・。自分もそんな風に調理がしたいという

葛藤がずっとあったので、今回はリベンジ!、思い切って購入。

今回の肉はアメリカ産牛肩ロース100g150円程。基本的に豚も牛も肩ロースは程よく油があり柔らかいので好きな部位。ももに比べると調理しやすい!

いざ大実験!!

まずは、冷蔵庫から出した肉を油部分(筋)に包丁で切り込みを入れておく

たまねぎをすりおろしたものを全体に塗り付ける。にんにくもお忘れなく。

だいたい30~40分ほど室温に戻したら、フライパンを熱々に熱し、バターを投入。

そして、メインの安い牛肉の出番。失敗は許されない

フライパンでまずは片面、1.5分程焼き付けたら次に裏返す。

お好みの焼き加減になればまな板に移して、カットし、皿に盛り付け、お好みのタレを豪快にかける。

何度も言いますが、あくまでも、安い肉!輸入肉!

なので、演出も大事。この肉だけを皿に乗せて味わう!のではなく、周りの副菜もテンションが上がるように。

焼きあがったお肉はこのように盛り付けてみた↓

 

中はレアに、バターのこくでいい香り!お肉もぷるっぷる。今回は大成功!

 

子供も大人も喜んでくれたので、安いお肉大実験はこれにて終了!!!

 

 

Categories

取材、お仕事などの依頼はこちら

  • 団体様向け料理指導
  • 食のイベント
  • オーダーメイドの料理教室
  • 企業様向けレシピ開発

など承ります。